世界のエリートたちが朝4:30に起きる理由


日本の多くの勤労者は、夜遅くまで仕事を行う姿が評価され、
意味もなく夜おそくまで会社に残る悪習慣が、一部では今でも残っています。

近年「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」という考え方が注目されています。
「ワーク・ライフ・バランス」という言葉について「私生活優先の考え方」として捉えれているケースが多いですが、
本当の意味は「仕事が好調だと私生活がうまくいく」といった、
仕事と私生活の相乗効果を高める考え方とその取り組みを意味します。
夜遅くまで仕事をして、徹夜をして、といった状況は、決して「仕事が好調」な状態では無いはずです。

決められた時間に目的の成果を上げる、
仕事と私生活の両立にする、
解決のカギは世界のCEOのワークスタイルにあるかもしれません。

s-p1

s-p2

s-p3

s-p4

s-p5

s-p6

脳が活性する朝に仕事を効率的進める。
大事だと分かっていてもついつい優先度を下げてしまいがちな家庭の時間の確保をする。
そんな時間のやりくりを行うことで、ワークライフバランスを作れるのかもしれません。

本記事は以下の記事を参照させていただいております。
スターバックスCEOが毎朝4:30に起きる理由「21世紀の歴史は朝に作られる。」

http://lrandcom.com/why_starbucks_ceo_get_up_four_thirty_in_the_moring



One thought on “世界のエリートたちが朝4:30に起きる理由

  1. すごいな、早く寝ても朝は頭がボンヤリしてて、意志の力?何それ美味しいの?状態な人には迷惑なお話…。
    CEOは出退勤が自由だから出来ることで、自分の会社だから出来る努力ですね。

    一般社員にはコアタイムなしのフレックス制導入しないと、朝無給で残業してるのと変わらないような…。まあ、うちは保育園の時間があるので朝活は無理ですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>